SaitoWall

ニュージーランドのクライミング/ボルダリング情報

05
2010

2日前のキャッスルヒルから中一日、今日もまた快晴でした。ん~贅沢。
メンツは3人、久々のみっちー、Yuko、Masaya。

朝はヘッドライトボルダーから。
予習バッチリのみっちー。イメージは完璧らしい。現実は?

ライトヘッドライトは実際、少し距離があるムーブが解決できず、次回への宿題。

そして見た目がさらに怖そうな Left Headlight (V4) へ。
高さ7mはあろうかというハイボールに大小さまざまな大きさのポケットがいくつか。

半分以降はスポットなんて何の役にも立ちません。頼む、落ちてこないで。。。



いやーすばらしい登りだった!!
頂上からの眺めはどうだった?



そして今日のぼくのターゲットはそのライトヘッドライトからレフトヘッドライトへ大トラバースしてからレフトのハイボールを上りきるという超ロング課題。
余裕でルート一本分はあるこの長さ、しかも中間部の核心ムーブは鬼パワフルです。

diary 245

完登は逃したものの、これは実際、手応えをかなりつかめました。
次回は落とす!

その後、仕事の合い間にもかかわらず何とさとしさん、りょうこさんが登場!
なんという行動力、そしてモチベーション!

そこで本日のスラブ特訓、そしてマントル特訓を開始!
りょうこさんはスラブの足使いがみるみる上達、最後は課題もトップアウト。いい感じだ!

diary 246

2人が風のようにやって来て、そして風のように去ったあと、スピットルへ場所を移し、最後のひとがんばり。

みっちーさんは Supernatural (V5) はすぐ落とせそうな感じだが、今日はお疲れ模様。次回で。

そして6時もまわってもう最後の最後。
Yukoが以前からたまにトライしていた、Unnamed のシットスタートV6課題に再挑戦。
シットから遠い一本指を取り、体を上げていくという指に悪そうなムーブ。

前回より明らかに上がっている!と言っていたら、その次のトライで全てが噛み合い、何とYuko自身初のV6ゲット!!!

しかも一日登ってこの時間でのV6は非常に大きな成果だと思います。

最後の最後でYukoはグレードの大きな壁を越え、そして朝一でみっちーさんはハイボールというメンタルの大きな壁を乗り越えて2人それぞれのボルダリングの新境地へと足を踏み出しました。

さてぼくもこの流れに便乗しなければ!



<Masaya>

5 Comments

Jろー  

おめでとー!

すごいねーゆーこさん。
やっちゃったねー。おめでとー。

壁は登ってるときが一番楽しいのよ。さいとーさん。

2010/10/06 (Wed) 04:08 | EDIT | REPLY |   

K-すけ  

俺も

この流れに便乗しなければ。

2010/10/06 (Wed) 19:22 | EDIT | REPLY |   

Yuko  

次の壁は?

Jろーちゃん>
ありがとー!ちょっとしょぼいV6だけど・・・。次は有名課題のV6を落とすぞー!

Kすけくん>
最近みんなノリにノってるかんじよね。この流れでKすけくんもV6だ!!!

2010/10/06 (Wed) 20:59 | EDIT | REPLY |   

みっちー  

登りこまねば・・・

「♪高ければ高い壁の方が、登った時気持ちいいもんだ~」
ミスチルの名曲「終わりなき旅」より。
ハイボール。落ちた時の恐怖を知る前に、たくさん登ってしまいたい。
Yukoさん、夕方6時のV6クリア。おいしい締めに体力温存しておいたんですね。なんか余裕でクリアしてましたよ。完登(させ)男健在なり。
Masayaさん、あのダイナミックトラバース、完登後に動画編集したら、みんなビビるはず!
サボり気味の体なので、すぐパンプするし、筋肉痛がひかない。もっともっと登りこまねば・・・。

2010/10/07 (Thu) 10:43 | EDIT | REPLY |   

さいとー  

名言!

Jろ> いいこと言うね。そう、だから今楽しいんだ。

Kすけ> 乗っとこ、この波。おれも乗るぞー!

みっち> 落ちたときの恐怖はできれば知りたくない。
でも落ちるかもしれない恐怖に勝つのは何より自分に勝ったことの証!
やめられませんね。

ぼくのあのトラバース課題、次回落とす!!

2010/10/07 (Thu) 21:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment